2011年09月05日

TSファイルが1440x1080で再生できないのは、スクランブル解除ができていなかったから

色々と調べた結果、
・TSファイルがVLCで再生できない
・MPCだと汚い画質で再生(320x180)できる
のはカスカードのスクランブル解除がうまくいかなかったのが原因らしい。

カスカードはきちんと挿してあったように思うが・・・。
まぁ、奥まできちんと挿しこんでいてもたまに失敗するという情報もあったし、今回もそうなのかもしれない。
・・・本当にカスだな!!

前回載せたメディア情報からすると、TSファイルの中には2つの映像が入っている。
VIDEO #1に、スクランブルのかかったハイビジョン映像(フルではなく、1440x1080。フルハイビジョンの映像は、正直なところほとんど放映されていないらしい。カメラが高いそうだ。フルハイビジョンTVを買わなくて、とりあえず正解だったみたい)があって、VIDEO #2にワンセグ映像がある。

#1のスクランブルが解除できなかったので、HD専用(?)の再生状態になっていたVLCは何も表示できなかった。
HDもワンセグも表示できる状態だったMPCは、ワンセグ映像だけ再生できることを判断して、ワンセグを表示した。ということらしい。
断定できるところまで、深く突っ込んで調べていないが、大筋で間違いでは無いと思う。

で、スクランブル解除をあとからするツールというのが用意されていた。

Friio関係ファイル置き場 -過去ログ検索- 「Multi2Dec」
Multi2Decというのが、あとからスクランブルを解除するためのツール。
2008年09/24(水)22:06が最終更新日。古いね。もう、この時期に対処が万全だったわけか。
焦った俺が馬鹿みたいだ^^;
up0783.zipをダウンロードして解凍。
フォルダが作成されたので、その中のMulti2DecWin.exeを起動。
20110905_Multi2dec.JPG

カードリーダにカスカードをきちんと挿して、スクランブル解除したいファイルをドラッグ&ドロップでMulti2DecWinのカラムの中に持ってくる。
あとは緑の矢印を押せば、スクランブル解除してくれる。
この間、カードリーダはLEDが点滅していた。仕事してるね!
終了すると、同じ階層に20110902-004500-うさぎドロップ<ノイタミナ> #09[字]_dec.tsができていて、VLCで再生できることを確認できた。

他にも、TsSplitterというツールがあって、これを使うとHD映像だけを取り出すとかできる。
俺が落としたのはup0140.zip。これを展開するとTsSplitter.exeがある。
これはフォルダが作成されず、そのままファイルが出てきた。
きちんとは使ってないけど。正直、ワンセグ映像はいらないので、これで分離してやれば結構な容量を減らせる。
手間とのトレードオフだなぁ。
とりあえず、分離はしなくても容量は余裕なので使うことは無いかな。
一応、覚えておこう。


2012年05月05日 追記
ワンセグ映像になるのは、スクランブル解除できなかったことだけが原因では無いらしい。
『2012年05月04日 PtTimerによる録画で、最初からワンセグデータを排除する』に、TsSplitterによるHD映像のみの取りだし方法について簡単に記述。
あと、PtTimerの録画時点でHD映像のみを保存する方法についても書いた。
posted by ダメプロ at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/224430586

この記事へのトラックバック